勝俣美秋の和楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雨ニモマケズ。

今日は、ゆるりと「日曜日」を満喫した。

朝から家で新聞をよみ、少し身体を動かしに外に出る以外、後は家にこもりっぱなし。
夕方、5時30分からは「笑点」を観て6時30分からは「サザエさん」まで観てしまった。
ちなみに、じゃんけんには負けた。チョキを出してしまった・・・。


そんな中、「ザ・ノンフィクション」という番組が、14時からだったか、テレビから流れて来たので何気なく観始まったが、これが、これが。

「老人と放射能~FUKUSIMA~第一章」という題名の作品。

福島県の浪江町の山に住む一人の老人を追ったノンフィクション作品だ。
福島第一原発の事故を受けて、避難区域になった場所にある山に、犬と一緒に住む80歳の老人を追った作品だ。

この方の信条は、宮沢賢治の「雨ニモマケズ」だそうだ。

1月22日には、「老人と放射能~FUKUSIMA~第二章」が放送される。

是非、みなさんにも観て頂きたいと思い、ブログに書いた。

東日本大震災は、日本人一人ひとりに大きな影響を与え、その現実を生きるしかない僕たちは、これからの生き方を真剣に考えなければいけない。価値観の転換を計る時期が、今、なのだと思う。

この老人の生き方の中に、今を生きる僕たちへの強烈なメッセージがあるような気がする。
俺が、俺がで、自己主張をする事ばかりが目につき、他人よりも自分がという現在、公職にありながらズルをしても儲けようとする人間が逮捕されたが、セイシンやタマシイ等の言葉は死語になってしまい、金と食とセックスと、それがすべての日本に生きている。

ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ

真善美とは目立たないところに、ひっそりとあるものだ。
不用意な精神には素通りしてしまい、そして決して見た目がいいものでもないので、表面的な生き方、刹那的な生き方をしているとうっかりと見過ごしてしまう。それが、本物だ。

ソウイウモノニ
ワタシハナリタイ
スポンサーサイト
  1. 2012/01/16(月) 01:18:24|
  2. 勝俣美秋日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。