勝俣美秋の和楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2011年、おしまい。

今日、2011年という年があと少しで終わる。

今年出会った方々、そして変わらずにお付き合い頂いている方々の皆さま、今年一年ありがとうございました。
感謝、感謝です。

とにかく、今年は、世界でも日本でも僕個人的にもいろいろな事があった年だった。
こういう言い方は語弊を招くかもしれないが、フシメノトシだったのではないだろうか。

少なくとも、僕はそうしなければと思って生きている。人の生き方や思考性の方向性が広さや外側に向かっていたのを、深さや内面という事をもっともっと意識して生きていく事が重要になってくるのではないだろうか。
政治、経済、文化、何にしても、モットモットケンリョクヲ、カネヲ、メイセイヲ、と推し進め広げて行くことではなく、これからは、「知足」という生き方を実践する事ではないだろうか。生きるという事の哲学を一人ひとりが学び実践していく事ではないだろうか。宝物や幸せは自分の内面や近くにあるものだ。

人間は何かが欲しいという、その対象の何かがほしいのではなく、「欲しい」という欲望自体を欲望しているだけだ。だから、ホシイモノが手に入るとまた他の欲望が出て来るのは当たり前だ。なにも、去勢された人間になれ、仙人の様な達観した人間になれというのではない。足りるを知る、という事だ。


みなさまにとって今年はどのような年だったでしょうか。

東日本大震災でたくさんの方が亡くなられ、現在も復興作業をやっており、今も仮設住宅で年を越す方々がたくさんいらっしゃる。被災地への祈りを込めまして新年のご挨拶は控えさせていただきます。なにとぞご容赦下さい。

みなさま、一年間お疲れさまでした。

どうぞ良い年をお迎えくださいませ。


劇団わらく 代表 勝俣美秋
スポンサーサイト
  1. 2011/12/31(土) 18:53:32|
  2. 勝俣美秋日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。