勝俣美秋の和楽日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

劇団わらく2011忘年会。

先日、劇団わらく忘年会を代々木上原の「笑助」さんで関係者のみで開催。

久しぶりに酔った・・・。

最初は、劇団員のみでちびりちびりとやっておりましたが、だんだんとゲストが増えて来るにつれ、酒量もうなぎのぼりに。

まずは、制作手伝い関係の牧田と川和さんが来てくれて。
しかし、その時は、まだ、素面だったので、ポツリポツリと会話をしながら、お二人に感謝しながら、今年を思って。ありがたや。

そのうちにだんだんと、調子が上がってきた所へ、チラシデザインのなっちゃんが到着。
お花の差し入れ。いつもありがとうございます!!

2011忘年会1

そして、まだ写真が横にできなくて、ごめんなさい。


なっちゃんが隣にきて、次回のチラシの話なんかしたりしてで、ここらへんで、だんだんとテンションが上がり始め・・・。なっちゃんと写真を一緒に写っていたころはどことなくだよそいきの顔だったが、舞台美術の夏木さんが到着するころには・・・。

2011忘年会2

完全、酔ったおじさんと化しておりました・・・。

そして、その他、前回キャストの遠山君や大迫ちゃんも参加して、最後の参加はこの方だ。


2011忘年会3

むむ、この方はどなたでしょう・・・。完全僕は酔ってます。この方の正体は・・・。


さて、忘年会の季節なんだなと今年を振り返り、忘年会も終わったなと今年を振り返り、劇団わらくとしては、2本芝居を創り、古今未曾有の今年も終わろうとしている。当たり前だが、今を引き受けての来年なので、なんだか、世界は今年よりもっと大変な年になるのではないか、と感じる。

しかし、どんな年になろうとも、僕たちはその現実を生きるしかない。

どんな現実になろうとも、その現実を引き受けて芝居を創り続けなくては、と思っている。
たかが、芝居だが・・・されど、芝居だ。共通の何事かに感動をした心の友、性別や年齢など関係のない心の友と芝居を創り続けなくてはと思っている。そんな心の友と芝居を創る事で感動し、生きる希望が出てくる。

その感動を、観て頂く事をし続けなければ、と思っている。

スポンサーサイト
  1. 2011/12/28(水) 01:06:02|
  2. 勝俣美秋日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。